検査種目

An Inspection organization which acts

非破壊検査とは

非破壊検査とは、「物を壊さずに」表面や内部のきず、或は劣化の状況を調べる技術のことです。 発電設備、石油化学プラント、遊具設備、鉄道、橋梁、ビルなど、あらゆる構造物やインフラに適用され、人々の安全確保に役立っています。

発電設備
  • タービン設備定期検査
  • ボイラ設備定期検査
  • アンモニア設備定期検査
  • 屋外タンク開放検査
  • 溶接事業者検査対応配管
  • 復水器細管真空検査
石油化学プラント設備
  • 化学プラント定修工事
  • 高圧ガスタンク開放検査
  • 危険物タンク開放検査
  • 機器、配管外面腐食検査
  • CRによる配管残厚確認
  • 高圧ガス配管溶接部検査
その他
  • アンカー敷設向け鉄筋探査
  • コア抜き向けコンクリート内部確認
  • 圧力容器用鋼板素材検査
  • 鉄骨溶接部第三者検査
  • 遊具設備年次点検
  • インフラ設備(高速・橋梁等)点検
検査品持込による検査
  • バルブ開先部、主要部検査
  • 圧力容器溶接部検査
  • 軸、ボルト検査
  • RT(CR)による容器内部確認
  • 原子力向け素材検査
  • 配管溶接部検査

高品質な非破壊検査技術

近年、設備や製品の安全性が厳しく求められる中、当社では大手発電設備や化学プラントの建設、保守検査から小さなボルト1本に至るまで、 幅広い領域において実績を持ち安全性の維持に貢献しています。
またISO9001を取得し、お客様の品質のニーズに十分お答えできる高品質な非破壊検査技術を確立しています。
現地への出張検査はもちろん、当社「非破壊試験所」に検査品をお持ち込みいただいての検査も可能です。

検査種目

PT

浸透探傷検査

溶剤を用いて表面の開口きずを検出する検査です。
吸水性の良いものやポーラス(多孔質)なものを除けは金属以外のほぼ全ての材料に適用できます。
容器や配管の溶接部、小型部品の全表面検査などに利用されています。

MT

磁粉探傷検査

磁力を利用して表面や表面直下のきずを検出する検査です。
強磁性体の材料にしか適用できませんが、割れ状のきずに対して有効な検査です。
タンクの溶接部、ギヤの歯面、ボルトの全表面検査などに利用されています。

UT

超音波探傷検査

超音波を利用して内面のきずを検出する検査です。
携帯性に優れていますが材質の影響を受けやすく、材質や検出したいきずの種類によっては
試験片の作成が必要になります。
配管・タンク・鉄骨の突合せ溶接部や圧延鋼の素材検査に利用されています。

UM

超音波厚さ測定

超音波を利用して検査品の厚さを測定する方法です。
鋼、チタン、アルミニウム、FRPなど様々な材質に対応できますが、材質によっては試験片を作成する必要があります。
配管や容器の経年厚さ測定、外面または内面が腐食した配管やタンクの残存厚さ測定に利用されています。

RT

放射線透過検査

X線やγ線などの放射線を利用して内面のきずを検出する検査です。
鋼以外の材質にも適用できますが放射線を利用する為、現地での検査は一定の条件が整わないと適用できません。 種々の溶接部検査、素材検査、容器内の内容物確認など幅広く利用されています。

CR(RT)

コンピューテッド・ラジオグラフィシステム

従来のX線フィルムにかわり、特殊な蛍光物質を塗布したイメージングプレートを利用して放射線透過検査を行います。
専用ソフトを利用した画像データ処理により、新たな検査手法の提供や撮影した画像データをJPEG形式でお渡しすることが可能です。

鉄筋探査

鉄筋探査器による鉄筋探査

電磁波レーダを利用して鉄筋の位置、かぶり厚さを測定します。
携帯性が良い反面、精度に関しては若干の誤差が発生する可能性があります。

放射線による鉄筋探査

放射線を利用して鉄筋の位置を測定します。
位置の精度は良いですがかぶり厚さは測定できず、放射線を利用する為、一定の条件が整わないと適用できません。

その他

SUMP検査

検査部位を研磨・エッチング後、組織をレプリカに転写して顕微鏡で金属組織の状態を確認します。
割れの種類の特定などに利用されます。

ひずみ測定

沈下測定

オートレベルを使用して地盤の支持力が不均一になっていないか測定します。
主に消防法や高圧ガスに該当する屋外貯蔵タンクで利用されています。

LT(発泡漏れ試験)

検査品の一部を負圧し、発泡の有無によりで漏れがないか確認します。
主にタンクの溶接部検査に利用します。